ネットでの風評被害を弁護士に依頼した体験談

インターネットで販売している食品が風評被害に。弁護士に依頼し損害賠償請求を起す訴状を提出

ネットでの風評被害を弁護士に依頼する事により、影響を受けた部分の賠償を求めて行く事や、そう言った情報源になっている所に対して、訴訟を起したりする事も視野に入れながら行っていく事としました。

私の場合は、インターネットで販売している食品が風評被害にあってしまい、そこで嘘の情報などを流したものを特定しながら、その情報源を捕まえる事をしっかりと考えて行きました。
その事で弁護士の方にも相談して、色々とインターネットに精通している方を紹介してもらったりしながら、その風評被害を流している情報の根源の所を探る事が出来ました。そこに対して損害賠償請求を起す訴状の提出を行って、そこで上げられた内容などをしっかりと裁判で争う事としました。
法律に詳しい方がこちらもバックに付いている安心感があって、色々なシーンで考えられる事をシュミレーションしながら、実際に裁判での言い合いになった時に、動揺しないで良い様に一通りどう言った状況になっても良い様な事を考えて対応していました。
裁判もすんなりと行われて勝訴する事となり、そこでの支払い命令も降りる事となりました。

裁判に勝ったものの、一度付いたイメージを払拭する事はとても大変な事

やはり情報などで、ある事無い事人に宣伝したりする事は、フェアではない事で、それを同業他社だからと言った事で、著しく売り上げに影響を与える様な事を沢山の方々に吹き込むやり方は、余りに酷いと感じました。
しかしこちらも裁判に勝ってまた一から出直しとなりますが、なかなか人に一度付いたイメージを払拭する事はとても大変な事と感じています。
今回の弁護士の活躍によりとても素晴らしい結果となった事は素晴らしい事でしたが、こちらもこれからの経営についてとても不安はあり、努力していきたいと考えています。