インターネットによる風評被害、違法サイトの増加、そしてそれを規制する法律について

インターネットの発展により、風評被害の危険性、違法サイトの増加など悪質化の一途をたどっているという問題も

昨今、インターネットの発展は、目を見張るものがあります。今や、携帯電話やパソコンを開くだけで、世界中の情報、自分の知りたいことを、何でも調べられるといっても、過言ではありません。

しかし、進化しているインターネットビジネスには、やはり危険性も多く含まれていると思います。すぐに思いつく話題ですと、「風評被害」があります。
まだ記憶に新しい、東北の大震災、農家の方々が、多くの風評被害に苦しみました。これは、インターネットで、虚偽の情報が広まり、ユーザーが、この情報を鵜呑みにしてしまった、というのも、この風評被害が長引いた、大きな原因の一つと思われます。

他の話題で言いますと、違法なアダルトサイトや、詐欺サイトが年々増加、悪質化の一途をたどっている、というのも、大きな問題なのではないでしょうか。

「あなたの個人情報を取得いたしました。お金を振り込んでください。」と書かれたページが開き…

私も、まだ高校生になりたてで、ようやく自分の携帯を持たせもらった時、怖い思いをしたことがあります。当時、携帯をいじるのが楽しく、暇さえあれば、いじっていました。ある時、無意識にクリックして開いてしまったサイトに、「あなたの個人情報を取得いたしました。今から3日以内に、この振込先に3万円振り込んでください。振り込まなかった場合、さらに10万円、要求いたします。」と書かれたページが開きました。
携帯を触り始めて、まだ何も知識がない私はパニックに陥りました。怖くて親にも相談できませんでした。振込先が提示されていたのが、リアルに感じ、あの時感じた恐怖は、今でも鮮明に残っています。
悩んだ末、携帯ショップに相談に行きました。店員の方に、ページを開いただけで個人情報を取得されることはないと説明していただき、心から安心したのを覚えています。もし、だれにも相談せずにお金を振り込んでしまっていたら…と考えると、本当に恐ろしいです。

トラブルに遭遇した際は、自分だけで解決しようとせず、専門家の判断を仰ぐことが大事

このような経験、多くの方があるのではないでしょうか。法律でもっと厳しく規制するべきだとは思いますが、グレーゾーンなものが多く、難しい問題です。
やはり、周りの意見をすぐに信じ込まずに、自分の価値観を大切にすること、そして、トラブルに遭遇した際は、自己解決しようとせず、専門家の判断を仰ぐ、ということが、必要なのではないでしょうか。